マンション

人気の投資マンションを成功させよう|失敗しないための秘訣

安く買って高く売る

室内

常時売却を意識する

不動産投資は一般的に中長期的に安定した収益を獲得するのに適した投資と見なされているため、サラリーマンなどの個人投資家が不動産投資を行う場合、常に売却の可能性を視野に入れるというスタンスを持つケースは稀です。しかし、不動産投資も投資の対象の一つであることに変わりはありません。ですので、より多くの利益を得るための原則は安く買って高く売ることであるという投資の原則は不動産投資にも当てはまるのです。また、日本の不動産事情は、新築を頂点に築年数が経つに従って需要が少なくなるという、購入物件にも賃貸物件にも当てはまる明確な特徴があります。ですので、不動産投資用に購入する投資マンションもいずれ必ず収益力を失います。従って投資マンションを購入して運用する際には、その物件を売却した結果、運用益と合わせて利益が残るという時期の間に売却することが必要なのです。

優良な中古物件が狙い目

売却時期を常に見極めることが投資マンションを保有する際の高く売るための行動であるのに対し、投資マンションを安く買うために効果的な方法が、投資先物件として優良な中古の投資マンション物件を探し出すことです。前途の通り、日本の不動産事情は新築物件を筆頭に売買物件でも賃貸物件でも築年数が経っていない物件ほど需要が高いことは間違いありません。しかし、価格の相場は売買物件が築1〜2年の築浅物件であっても中古物件となった時点で新築物件と比べると大きく価格が下がるのに対し、賃貸物件は築5年の物件でも借り手がいる物件であれば新築物件と比べて賃料が変わることは特殊な外的要因でもない限りまずありません。従って賃料として得られる収入にはほとんど差が無いにもかかわらず、新築物件と比べて安く買えることによって、築浅の中古物件の方が利回りが良くなるのです。

Copyright © 2016 人気の投資マンションを成功させよう|失敗しないための秘訣 All Rights Reserved.